tette*

tunagou.exblog.jp
ブログトップ

9歳になりました。

二人とも、今年も元気にお誕生日を迎えることができました。

f0188635_11323531.jpg





生クリームが苦手な娘のために、近年は市販のチーズケーキばかり注文していました
が、さすがに飽きてきたので、今年は娘と二人でフルーツタルトを作りました。

「いちごが無い」問題は、冷凍物を使うことで解消。
フレッシュより味は落ちるけど、まあ許容範囲かな?
さっぱり甘さ控えめで、家族ウケは良かったです。
ろうそくを立てる場所が無くて、息子が迷った末、バナナに突き刺してました。笑
メインのメニューは息子のリクエストで手巻き寿司にしました。
(母も楽で助かる♪)



今年は、二人とも特に欲しいものがうかばないらしく、プレゼントは私が選びました。


最近、「本の虫」の娘には児童書を。
f0188635_11431094.jpg


息子には、近年ブーム再来との噂のけん玉を。
(商品名はケンダマクロス)
f0188635_11445742.jpg



本当はゲームが欲しいのだろうけど、私が断固として認めない姿勢を貫いていたら
もう「欲しい。」と言わなくなりました。
母の勝利!


いろいろ大変な世の中ですが、強くたくましく、そして優しく、成長して行って
欲しいものです。
9歳おめでとう!





*************






先週末、参観会&保護者懇談会がありました。
新学期早々から危惧はしていたのだけど、娘・息子の両クラスとも何だかぐちゃぐちゃで
学級崩壊寸前といった感じで参っています。
両先生ともクラスをまとめる力が足りないし、そもそも業務がこなしきれていないし。

娘のほうの担任は、宿題を出しても見る時間が無いから、はなっから出さない。
悪いことをした子を叱れない。
ってか、叱ってるつもりでも生徒に響いていない。
完全になめられている状態。

息子のほうの担任も、あろうことか書き取りの見本の字がしょっちゅう間違えてるし、何かと
大事なことを忘れることが多い。
この間は、ギョウチュウ検査のキットを渡し忘れて、全家庭に配って回ってたし。
問題児の対策に気を取られていて、他の子まで気が回らないし、機嫌がわるいと
関係ない生徒に とばっちりがくる。
先日は、問題児のことでひと悶着あった日の息子の日記の感想に、
「何を言いたいのかさっぱりわからない」って書いてあった。
いたく傷ついていた息子。
関係ない息子の日記帳で、憂さ晴らしはやめていただきたい。



懇談会では、本年PTA役員をしているので進行役を務めたのだけど、
今回の議題から外れて、いきなり自分の娘がいじめにあっているのに、学校が
迅速に動いてくれない!と訴え始めたお母さんがいて、そこから話がおかしな方に
行ってしまった。

中立な立場で耳を傾けていると、どっちもどっちだな...って感じで。
一番大きな問題は、お母さんがちゃんと子どもの話を聞いてあげて無いことじゃん?
って思ってしまった。
仕事が忙しいということを、何度も何度も話の中でアピールしていたけれど、
そんなの子どもには関係ないこと。
お母さんがとことん話を聞いてあげてたら、問題が大きくならずに済んでいたように
思える。
それを十分にする前に学校を巻き込んじゃったから、話が大きくなり過ぎて、子どもが
学校に行きづらくなってしまったように感じた。
子どもはただ、お母さんに聞いてもらって、つらかった事を共感してもらいたかった
だけかもしれないのに。

うちの子二人も色々いじわるされて、泣きながら話してくれることはあるけれど、
とことん話につきあってあげて、気が済むまで泣かせてあげると、次の日にはケロッと
復活して学校に行く。
息子は自分をいじめた子の担任に報告して、相手を叱ってもらって解決してきたこともあった。
先生が、みんなの前で謝罪させたそう。
そのときはすごく晴れ晴れとした表情で、問題を自分で解決できたことで、自信に満ちた
顔で報告してきた。
おとなしくて、頼りない二人だと思っていたけれど、ずいぶん成長したものだと感じる。

男女の双子ということで、それだけでイジられポイントが満載だものね。
大人からしたらバカみたいだけど、「おまえらデキてるのか?」的な発言が
いちばん今の二人にとっては地雷のようで。

大人になるまで無菌状態でいることなんて到底無理な話だし、どこに行っても
かわってるヤツはいるし、理解不可能な人はいっぱいいる。
避けては生きていけない時代だからこそ、少しずつ免疫をつけていくことも
必要だと思う。
自分の子どもの事となると、つい理性を失いそうになることもあるけれど、
そう考えると、「予防接種」役のいじめっ子も子どもの成長には意味がある
ように思う。
ぜったい、してはいけないことなのだけど。

とにかく、強い心に育って欲しい。そして人に優しくあって欲しい。
私も、何があっても受け止められる、懐の大きい母になるべく努力しなくては...
と思うこの頃です。
[PR]
Commented at 2015-07-09 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by may_tette at 2015-07-17 14:18
*snowmamaさん

ありがとうございます。
ほんと早いよ。
気が付けば、ちびまる子ちゃんたちと同級生だもんね。
アニメ同様、まぁ次から次へと話題に事欠きません。笑

役員は本部(総務部)ではないんだけど、保健体育部&学級P&親子読書推進運動代表理事というたいそうな肩書きになってます。
じゃんけんで決まったへなちょこ役員です。
でも決まったからには腹をくくってしっかり務めなくちゃ!って感じです。

こうやって文句の多い人って、普段はボランティアや懇談会には否協力的なくせに、自分が困ったときだけ出てくるよね。
参観会も、ちょこっと顔出すくらいだったりする。
母親にとって子どもより大事なものってあるのかな…って私は思うんだけど。
子どもが子どもでいる期間って本当に短いのにね。

ほんと、いろんな人がいるけど、本当に大事なことは見失わないようにしていかなくては!
お母さん仕事、がんばりましょうね。
by may_tette | 2015-07-06 11:52 | こどものこと | Comments(2)

may*です。             双子の息子&娘は小学5年生になりました。          子ども達に贈る手作りの記録です。


by may_tette